トイレの水漏れの修理方法が異なる便器の種類

トイレの水漏れの際に水道 修理を行う場合に注意しなければならないのが便器のタイプです。主に4種類あり、タイプによってメリット、デメリットがあります。どのタイプを選ぶかによって交換の方法や費用は異なります。トイレルームの広さや幅によっても異なります。

■組み合わせタイプと一体型タイプ

最も多く普及しているのが組み合わせタイプのトイレです。便器、便座、シンクが別々でそれを組み合わせて作られたものです。それぞれが独立している部品のため組み合わせによって利便性や清掃しやすいものにできます。また、便座だけが壊れた場合でも一部の部品の交換だけすることが可能です。一体型のタイプは、便器、便座、タンクが一体となったタイプです。境目が少ないことから掃除しやすく、スタイリッシュなデザインなのが特徴です。

■タンクレスタイプとシステムタイプ

タンクレスタイプは言葉の通り、水を貯めるタンクがないタイプのトイレです。コンパクトなデザインで高さがなく空間を広く感じるというメリットがあります。おしゃれなトイレにしたい方に今人気のタイプです。つなぎめが少なく掃除しやすいデザインです。システムタイプは、手洗い場やタンクを収納スペースと共にしたタイプのものです。自分の好みのデザインとスタイルでトイレルームごと好きな空間に仕上げることができるタイプです。収納スペースが確保できるのですっきりと清潔感ある空間に仕上がります。

■まとめ
今は水漏れやトラブルによる交換、リフォーム以外にもシステムトイレのように空間を変えるために行うという方も増えてきました。トイレには主に4つのタイプがあり、それぞれのメリットデメリットがあります。しっかり知った上で選ぶことが大切です。設置する前にご自宅のトイレルームの環境に合ったトイレかどうかを検討し、専門家に相談してから設置しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ